メディック・マザー | 子供が生まれ母になりました、以前は薬を扱うお仕事をしていました

エスニックな香り

お香初心者にもおすすめのチャンダン香

アロマ初心者でも使いやすくて失敗が少ないのが「お香」ですが、その中でも信頼性がたかい人気メーカーが「HEM社」です。
HEMといえば本場インドのお香を取り扱っているところとしてお香ファンなら誰でも知っているところですが、その中でも特に人気が高い商品として「チャンダン香」があります。

ちなみにこのヘム社のお香は質もさながらコストパフォーマンスに優れているというところも大きな特徴で、お香が20本セットになっているものが100円以下で買えてしまうなど、日常生活に手軽に導入できるメーカーとしてもよく知られています。

ヘム社のチャンダン香は正確な商品名を「HEM Precious Chandan premium Dhoop(ヘム プレシャスチャンダン プレミアムドゥープ)」といいます。
これは数多くあるヘム社のお香の中でも売れ筋商品であり、最も手に入りやすい種類なのではないかと思います。

購入をするときにはインターネット通販が一番便利ですが、すぐにでも試したいという人にはドン・キホーテなどの量販系の雑貨店に行くと大抵は取扱をしてくれています。

チャンダン香の特徴といえばなんとも言えないエスニックな雰囲気があるということで、ほんのり甘い香りはうっすらとただようだけで高いリラックス効果を得ることができます。
実際インドでもチャンダン香は高ぶった気分を落ち着かせるために使用するということなので、一日のリラックスタイムにも使ってみるとよいでしょう。

チャンダン香の正しい使い方

チャンダン香の甘い匂いのもとになっているのは「サンダルウッド(白檀・チャンダン)」です。
日本でも白檀は木材としてよく知られている素材ですが、もともとはインドネシア東部を原産とした樹木であり、インド国内にも多数の山林があります。

インドのおみやげとして「マイソール・サンダルウッド」というチャンダンのエキスを抽出したフレグランスも売られているので、匂いとしては広く使用されているメジャーなものと言えるでしょう。

自宅でお香を使用するときには、火事にならないように専用の器具の上で火をつけるようにしてください。
仏壇などにある線香差しでも十分なのですが、せっかくエスニックな香りを楽しむなら専用の容器を使っていきたいところです。

おすすめなのが笹舟のような細長い灰皿状の容器で、お香を1本ずつ脇に立てかけて火をつけることで灰が自然に容器の中に落ちていきます。
お香用の容器も通販や量販店でたくさん売られているので、そうしたところでお気に入りのものを探してみるのもよいと思います。
安いものであれば100円くらいからでも購入をすることができます。


薬剤師としてのやりがい

薬で病気が治ってくれるのが喜び

薬剤師として仕事をしていくときに強く感じるやりがいとして、患者さんからの「良くなった」という一言があります。
私が以前勤務をしていたのは調剤薬局で、そこではたくさんの患者さんが訪れては薬を受け取っていってくれました。

大抵は一回きりでそのまま治ってくれるような元気な患者さんなのですが、中には慢性的な治療が必要なため定期的に訪れる常連さんもいて、そのときにはなるべく現在の体の様子や薬の飲み方について聞くようにしてきました。

私自身が薬を処方しているわけではないのでそこで喜ぶのもおかしいかもしれませんが、やはり私が直接渡した薬で体調を回復させてくれた人がいるというのは嬉しいもので、長いお付き合いになるとまるで家族のような親近感を感じることもありました。

在学中から「これからの薬剤師に求められるスキルとしてコミュニケーションが重要になる」ということは何度も言われてきましたが、実際に仕事をしてみてそのことは強く実感をしています。

薬剤師としての能力を生かせる場所が広がる

薬剤師としての仕事に感じているもう一つの魅力が「再就職先の選択肢が広い」ということがあります。
もちろん現在働いている薬剤師のうち最も多くの人が従事しているのは調剤業務ですが、その他にも製薬メーカーや治験場、研究開発などさまざまな分野に薬剤師という仕事を生かすことができます。

新人の頃はまずは市販されている薬品の種類を覚えることで手一杯でしたが、出産のために退職をする前にはかなり薬やその効き方にも詳しくなれていたので、今後子供が大きくなって本格的にキャリアアップを考えるようになったときには調剤以外の業務もチャンスによっては選択したいと考えています。

薬剤師のやりがいと言ってもいいのがこの将来の選択を広く持つことができるということで、私のように一時的に現場を離れている人間でも「いつかはまた仕事に復帰することができる」という安心感があります。

調剤以外の場所に勤務をすればそこで得られるやりがいもまた違ったものになるでしょうし、そこから新しい薬剤師としての仕事を広げていくということも可能です。

やりがいを引き出すのも薬剤師のスキル

ただ残念なことに薬剤師として活躍している人の中にはどうしてもやりがいが見つけられないという人もいるようです。
そうした人に聞いてみると、自分の仕事に権限がなく言われたことをやるしかないといった意見があります。
職場にもよりますが、中にはそうした自分のやりたいことができないということに悩む人もいるようです。

薬剤師としての仕事にどういったやりがいを見つけられるかということはどれだけ主体性を持って仕事に取り組むことができるかというとことがポイントとなるのかもしれません。


薬剤師に求められること

変わる薬剤師の社会的な役割

薬剤師をめぐる制度は2006年以降薬学部が6年制になったことをはじめとし、ここ数年のうちに大きく変化をしてきています。
私もちょうどそんな薬学部の改変の頃に入学をした人間の一人で、それまで4年で済んでいた課程が6年になるというのはなんとなく損をした気分になったものです。

ですが実際に入学をして薬剤師をとりまく状況について知っていくうちに、本来ならもっと早くに6年制になっていてもおかしくなかったのだなということがわかりました。

というのも現在の薬学部で行われている課程では、基礎的な薬学の講義は3年次までにぎっしりつめ込まれており、4年次以降は研究や実習が中心になっていくからです。
私自身が4年制の頃の大学を経験したわけではないので断言はできませんが、おそらくこれまでの4年制の薬学部では知識を講義として入れるというところで課程が修了していたのではないかと思います。

言い換えれば薬剤師という仕事は今後より一層臨床の現場に近いところで仕事をするようになり、社会的責任も大きくなっていくということでもあります。
私自身は現在まだ完全に復職したわけではありませんが、おそらくまた現場に復帰をしたらそこで新しい変化を感じることになるのではないかと思います。

患者さんの目線にたった処方

薬剤師としての仕事で最も一般的なのが調剤薬局やドラッグストアでの調剤窓口の仕事です。
これは患者さんが他の診療期間で医師の診断を受け、そこで受け取った処方箋をもとにした調剤をしていくということです。

よく世間的に誤解をされていますが、薬剤師はただ受け取った処方箋の内容そのままに薬を出すのではなく、その内容をもとに自分で判断をしながらより患者さんにとって飲みやすい薬を考えて提供していくことが仕事です。

またごくまれにではありますが処方箋の記載に間違いがあることもありますので、その時には担当医の方に連絡をして本当にその内容で間違いがないかという確認をとっていくということも大切な仕事なのです。

言い換えれば薬剤師というのは医師から患者さんに渡すことになる薬品の仲介役ということであり、いかに双方の考えを読み取り最もよい方法を提案できるかというスキルが問われてきます。

薬剤師は医療系資格の一つではありますが、私個人としてはどちらかというと患者さんなど消費者の目線に近い位置づけで、医師など医療機関からの指示指導を間違いなく伝える役割であると思います。

調剤薬局の窓口にはたくさんの患者さんが訪れますし、そこで聞かれる悩みもさまざまです。
そこでコミュニケーションを重視しながら話をよく聞き、気持よく薬を使用してもらえるような薬剤師がこれからの求められる能力ではないでしょうか。


ついにイヤイヤ期が到来しました

子供のイヤイヤ期に上手に付き合っていくために

私は独身時代に「子供を産むならできれば女の子の方がいいな」と思っていました。
ですので妊娠をして検査を受けた時、女の子である可能性が高いと言われたときには本当に嬉しく感じました。
当時は男の子に比べて女の子は同性の分気持ちがわかりやすく、乱暴ではないので育てやすいという思い込みを持っていたからです。

しかし実際に娘を産んでみて、子育てに苦労しなかったといえばとんでもなくむしろ苦労苦労の連続となってしまいました。
最初に考えていた「同性だから考えていることがわかるはず」という私の予想はあっさりとはずれ、現在何をしても否定ばかりの「イヤイヤ期」のまっさかりにいます。

イヤイヤ期というのは、それまで比較的素直に従ってくれていた「御飯食べようね」「幼稚園行こうね」といったことに対して特別に理由もないのに「イヤ!」を繰り返すという状態のことで、しかもうちの娘は生まれつき頑固な性格をしていることから、無理やり従わせようとすると信じられないくらいに凶暴になります。

最初のうちは「これも成長のうち」とばかりに大人の態度でなだめすかしたりご機嫌をとったりしてきましたが、長引くイヤイヤ期と自分自身の生活でのストレスのせいでついつらくあたってしまうこともあります。

そんなときは反省をしつつ、育児書などを頼りにどうしたらイヤイヤ期と上手に付き合っていくことができるかということを研究して過ごすようにしています。

イヤイヤ期は自我の目覚め

そもそもとしてなぜ急にイヤイヤ期が訪れるかというと、それは子供が自分自身の自我が目覚め始めたからなのだと言います。
私も流石に幼少期のことは覚えていませんが、思春期くらいに反抗期から親とケンカをした記憶があります。

親に反抗をするというのは、自分で何かをしたいという気持ちと、その気持をうまく表現できないイライラが原因になっているといいます。

なので何かこちらから言ったときに「イヤ」というのは本当にそれがイヤなわけではなく、反抗することで自分にも意志があるのだということを確認するための行為ということになります。

大人になってもいちいち何をするにしても否定から入る人がいたりしますが、そうした人も本心でイヤだと思っていることばかりでないことを考えると反抗期というのは上手に周囲が対処をしてあげないと大人になっても抜けないクセになってしまうのかもしれません。

子供がイヤイヤ期になったときに大人ができることとしては、「イヤ!」が発動した時に相手の意志を尊重してあげることでしょうか。
洋服でも持ち物でも、本人に選択権を与えてその上で行動してもらうようにすると比較的いうことを聞いてくれるように思います。


Next page »