薬剤師に求められること

変わる薬剤師の社会的な役割

薬剤師をめぐる制度は2006年以降薬学部が6年制になったことをはじめとし、ここ数年のうちに大きく変化をしてきています。
私もちょうどそんな薬学部の改変の頃に入学をした人間の一人で、それまで4年で済んでいた課程が6年になるというのはなんとなく損をした気分になったものです。

ですが実際に入学をして薬剤師をとりまく状況について知っていくうちに、本来ならもっと早くに6年制になっていてもおかしくなかったのだなということがわかりました。

というのも現在の薬学部で行われている課程では、基礎的な薬学の講義は3年次までにぎっしりつめ込まれており、4年次以降は研究や実習が中心になっていくからです。
私自身が4年制の頃の大学を経験したわけではないので断言はできませんが、おそらくこれまでの4年制の薬学部では知識を講義として入れるというところで課程が修了していたのではないかと思います。

言い換えれば薬剤師という仕事は今後より一層臨床の現場に近いところで仕事をするようになり、社会的責任も大きくなっていくということでもあります。
私自身は現在まだ完全に復職したわけではありませんが、おそらくまた現場に復帰をしたらそこで新しい変化を感じることになるのではないかと思います。

患者さんの目線にたった処方

薬剤師としての仕事で最も一般的なのが調剤薬局やドラッグストアでの調剤窓口の仕事です。
これは患者さんが他の診療期間で医師の診断を受け、そこで受け取った処方箋をもとにした調剤をしていくということです。

よく世間的に誤解をされていますが、薬剤師はただ受け取った処方箋の内容そのままに薬を出すのではなく、その内容をもとに自分で判断をしながらより患者さんにとって飲みやすい薬を考えて提供していくことが仕事です。

またごくまれにではありますが処方箋の記載に間違いがあることもありますので、その時には担当医の方に連絡をして本当にその内容で間違いがないかという確認をとっていくということも大切な仕事なのです。

言い換えれば薬剤師というのは医師から患者さんに渡すことになる薬品の仲介役ということであり、いかに双方の考えを読み取り最もよい方法を提案できるかというスキルが問われてきます。

薬剤師は医療系資格の一つではありますが、私個人としてはどちらかというと患者さんなど消費者の目線に近い位置づけで、医師など医療機関からの指示指導を間違いなく伝える役割であると思います。

調剤薬局の窓口にはたくさんの患者さんが訪れますし、そこで聞かれる悩みもさまざまです。
そこでコミュニケーションを重視しながら話をよく聞き、気持よく薬を使用してもらえるような薬剤師がこれからの求められる能力ではないでしょうか。