メディック・マザー | 子供が生まれ母になりました、以前は薬を扱うお仕事をしていました

過去の仕事が役に立った知識

薬剤師の知識が実生活でも役立つ

薬剤師として資格を取得して仕事をしてきたことで一番良かったと思うのが、自分や自分の家族を含む人たちの薬の疑問の大半を自分で解決できるようになったということです。

もちろん私は医師ではなくあくまでも薬剤師ですので自分で薬の処方箋を書くことはできず、もっぱら市販薬や既に処方済みの医薬品についての知識に限定をされることになります。

しかし私達は普段の生活の中で非常にたくさんの薬に触れる機会があり、口に入れたり肌に塗ったりする瞬間にふと感じる疑問というものが結構たくさんあります。

薬剤師として勤務してきた知識の中でも実生活で特に便利だと感じるのが、薬の使用法や飲み合わせに関するものです。
私達は普段薬を飲むときには水を使いますが、食後にちょうど水を用意することができなかったり、別の飲み物の方が
都合がよいということがあります。

先に結論を言えば一般的な市販薬の場合水以外のもので飲んでも特に問題が生じるということはないのですが、効き目の強い医療用医薬品の場合には一緒に飲む液体によって効果に違いが出てきてしまう場合があります。

嫌がる子供にはジュースで飲ませてもいいか?

子供を相手に薬を飲ませるときに困るのが、苦い薬や飲みにくい大きさをしている薬を子供がなかなか飲みたがらないということです。
薬を嫌がる子供になんとか飲みやすくしてあげようと、好きなジュースなどを使って飲ませる人もいるようですが、実はこれは種類によってはよくない作用を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

まず一番に注意したいのが子供に多い気管支喘息のための薬を飲む場合で、このときコーヒーやコーラのようなカフェインが含まれているものを使用してしまうと作用が強くなりすぎてしまい、神経過敏や不眠、動悸などの症状が出てしまうことがあります。

また子供で好きな人が多いグレープフルーツジュースは薬の効果を妨げやすい成分が含まれているので、血液関連の病気の薬を飲む場合には絶対に使用をしてはいけません。

もう一つ子供の栄養補給として牛乳を毎日飲むという習慣がある人も多いと思いますが、牛乳で薬を飲んでしまうというのも飲み合わせによっては危険です。
牛乳にはカルシウムが多量に含まれてしまっているので、薬を一緒に飲むと成分を変質させてしまい効果を薄めてしまうことがよくあります。

反対に牛乳に含まれている脂肪分が薬の成分と結びつき、非常に強い作用をもたらすということも多くあります。
子供の場合胃腸が弱い子も多いので、水に溶けにくい成分の薬を一緒に飲むと一気に溶け出して血液内に大量に吸収されてしまいます。

最近では薬の成分を阻害しないジュースやゼリーといったものも販売されているので、そうしたものを用いるのが最も安心な方法と言えます。


娘が発熱してしまいました

なぜ子供はすぐに発熱してしまうのか

うちの娘は何かというとすぐに発熱してしまうという病弱な体質をしていました。
現在ではそうしたこともやや落ち着いてくれましたが、一時期はやっと熱が下がったと思ったらすぐにまた発熱と、おちおち家族旅行にも行けないといった状態でした。

ですので私はかなり子供の発熱について調べて、原因や対処方法について詳しくなりました。
まず子供の体温というのは大人よりも平熱が高めであり、だいたい0.5~0.6℃くらい上で普通と言われます。
具体的には大人の体温は平均36~36.5℃くらいなので、子供は37℃くらいまで出ていても問題がないということになります。

また子供というのは体が小さく体温調節の機能が十分に備わっていませんので、外気温によって体温がすぐに左右されてしまいます。
寒い冬の時期にはあっという間に手が冷たくなりますが、夏の時期にもちょっと日向で遊んでいるとすぐに37.5℃くらいまで体温が高まってしまいます。

子供の発熱を防ぐためには実はこの外気温調節がとても大切で、大人と同じと思わず直射日光があたる場所には長くいさせず細かく休憩をとらせるようにするというだけでもかなり熱を防げます。

子供の熱はまずは経過をゆっくり観察する

上記で説明した外気温の影響による発熱の場合を含み、子供が発熱をしたときにはまずは経過をじっくり観察することが大事です。

私の娘も突然発熱をすることが多かった反面で、数時間したらケロリと治ってしまっていたということもよくありました。
重病になるかどうかの基準となるのは、発熱があったときにぐったりとして動きが鈍くなってしまっていないかということです。

また発熱とともに咳や喉の痛みなど体の他の部分に不調が起こっていないかのチェックも重要になってきます。
子供の発熱で怖いのはウイルス性のインフルエンザや、マイコプラズマ肺炎、麻疹といったような感染症です。
子供の感染症は近くに子供がいるとかなり強い感染力となりますし、場合によっては看病をしている大人もかかってしまうことがあります。

幼稚園などに通っていると流感についての情報が早めに出されると思いますので、そうしたその時期ごとに流行っている症状は何かということをおさえておくといざ自分の子供がかかったときに速やかに対応をしていくことができます。

発熱をした時に危険なのは発熱状態が4~5日ほどずっと続いてしまうという場合です。
長く続く発熱の場合、一般的な病状ではなく稀に重篤な病気が隠れているということもよくあります。
私自身も経験したことなのではっきりいえますが、発熱をしたときに「またか」と思わず個別に症状を観察できるかどうかが親として問われるところです。


予防接種で高熱…私がとった行動

ワクチン接種で熱が出てしまったら

乳幼児期というのは将来の病気に備えてたくさんのワクチン接種の案内が来るので、かなり頻繁に子供に注射を受けさせないといけません。
最近にも突然に麻疹が流行するといったことも起こっており、危険な病気はいつ襲ってくるかわかりません。

しかしその一方で健康な人の体の中に意図的に病原菌に似たものを打ち込むワクチン接種は、場合によっては危険な副作用を招いてしまうこともあります。

もしワクチン接種を受けて間もなく何らかの体調の変化を子供が見せたら、速やかに体調をチェックし症状に応じて小児科を受診するようにしましょう。

実は私自身も娘がワクチン接種をしたあとに急に高熱を出してしまったことがあります。
その時にはまず体温を計測し、ワクチン接種をしてから1時間ごとの体調の変化や食べたものなどを記録しておきました。

結果的に数時間しても熱が収まらなかったのでかかりつけの小児科を受診することになったのですが、その時に記録をしておいた用紙を提示したことですぐに様態を把握することができ、大事に至ることなくすみました。

先に言っておきますがこれはワクチン接種の効果を否定するものではなく、完全に安全というわけではないワクチン接種を受ける時の対策です。
もし副作用があっても早くに受診をすればほとんどの症状はすぐに収まりますので安心してください。

38℃以上が受診のラインです

実はワクチン接種後に子供が発熱をするということ自体は全く珍しいことではなく、親も気づかないような軽度なものならかなりの子供が発症していたりします。

注意をしておきたいのがワクチン接種をしたあとに注射針のあとが真っ赤に腫れていたり、硬くなってしまっているという場合です。
そうした時には高確率で発熱があるのですぐに体温を計測し、様態を確認します。

ただし発熱があっても37℃台までのうちはそれほど心配はなく、本人も元気でいるようならそのまま時間ごとに体温を計測しながら様子を見ていてもよいでしょう。

小児科を受診する一つの基準になるのが熱が38℃以上になってしまうという場合です。
38℃以上の熱がしばらく続いていたり、発熱によって明らかに様子が変わって来たというときにはそれまでの経過をメモしたものを持って早めに医師の診断をうけるようにしてください。

予防接種を受けたときには何か異変があったときの連絡先を記載したものを配布していることもよくあるので、そうしたところに電話をすれば応急手当の方法などを教えてもらえます。

ちなみに予防接種による発熱は、初めての接種よりも何度か繰り返したときに起こりやすいという特徴があります。
これは外部からの異物に対しての正常な反応なので、毎回熱が出るようになったといっても心配はいりません。


老け顔にならないための努力

女性の老け顔を作ってしまう理由とは

アラフォーくらいの年代になってくると、どうしても毎朝鏡で見る自分の顔に変化が出てきたことを感じるようになってしまいます。
若い頃は自慢にしていたこともあるハリのある肌がたるみを帯びてきたり、くすんで黒っぽく見えるようになるというのは時間の経過という抗いがたいものであるとはいえ切ない気持ちになるものです。

女性・男性関わらず40歳くらいになってくると顔つきが若いときと明らかに変わって中年のようになってくるものですが、その主な原因になっているのは「肌質の衰え」です。

ぱっと見た時に「老けた顔してるな」と思われる理由としては、「額や目尻にシワがある」「ほうれい線がはっきり出ている」「肌が全体的に黒っぽい」「大きなシミがある」といったことがあります。

これが50代~60代くらいになってくると、口元に「梅干しじわ」と言われるような中央に向かうシワができてきたりします。

顔にシワができてしまう一番の理由は、それまで肌の内部にたっぷり含まれていた水分が減り支えを失った顔の部分の皮膚が下に垂れ下がってしまうからです。

人の皮膚は一番外側にある「表皮」の内側に「真皮」があり「皮下組織」といった層ができています。
この表皮部分も最も外側にある「角層」から順に「顆粒層」「有棘層」「基底層」といった層があります。

このうち角層に含まれているはずの水分が減っていくことにより古い角質がずっと顔に残り続けることになり、ハリのない垂れ下がった皮膚になってしまうのです。

水分アップと紫外線防止が重要

アラフォーからの美肌対策で最も重要になるのが、顔の部分の水分量を上げていくということと、紫外線刺激を極力避けるようにするということです。

水分アップといってもただ水を顔につければいいわけではなく、肌浸透率の高い化粧品を使用したりして、一日のうちに失った水分を補ってふっくらした肌になるように気をつけていきます。

それともう一つ老け顔を作ってしまう重要な要素になるのが「シミ」で、これは一度できてしまうと取り除くためにはかなりの苦労が必要になります。
特に顔の頬骨脇のあたりは顔面の構造上出っ張りが大きく紫外線の影響を受けやすいのでシミもよくできる場所になります。

シミを予防するためにはなんといっても直射日光にふくまれる紫外線を防ぐということが一番なので、外出時には帽子屋日傘を使用してできるだけ日に当たらずに移動できるようにしていきます。

それと、いくら美容対策をしていても毎日の生活に疲れすぎているとクマが現れてしまい老け顔になってしまいます。
栄養価のある食品をきちんと食べて、しっかり睡眠時間を確保していくといった健康対策も老け顔を予防するためには重要です。


Next page »