メディック・マザー | 子供が生まれ母になりました、以前は薬を扱うお仕事をしていました

薬剤師に求められること

変わる薬剤師の社会的な役割

薬剤師をめぐる制度は2006年以降薬学部が6年制になったことをはじめとし、ここ数年のうちに大きく変化をしてきています。
私もちょうどそんな薬学部の改変の頃に入学をした人間の一人で、それまで4年で済んでいた課程が6年になるというのはなんとなく損をした気分になったものです。

ですが実際に入学をして薬剤師をとりまく状況について知っていくうちに、本来ならもっと早くに6年制になっていてもおかしくなかったのだなということがわかりました。

というのも現在の薬学部で行われている課程では、基礎的な薬学の講義は3年次までにぎっしりつめ込まれており、4年次以降は研究や実習が中心になっていくからです。
私自身が4年制の頃の大学を経験したわけではないので断言はできませんが、おそらくこれまでの4年制の薬学部では知識を講義として入れるというところで課程が修了していたのではないかと思います。

言い換えれば薬剤師という仕事は今後より一層臨床の現場に近いところで仕事をするようになり、社会的責任も大きくなっていくということでもあります。
私自身は現在まだ完全に復職したわけではありませんが、おそらくまた現場に復帰をしたらそこで新しい変化を感じることになるのではないかと思います。

患者さんの目線にたった処方

薬剤師としての仕事で最も一般的なのが調剤薬局やドラッグストアでの調剤窓口の仕事です。
これは患者さんが他の診療期間で医師の診断を受け、そこで受け取った処方箋をもとにした調剤をしていくということです。

よく世間的に誤解をされていますが、薬剤師はただ受け取った処方箋の内容そのままに薬を出すのではなく、その内容をもとに自分で判断をしながらより患者さんにとって飲みやすい薬を考えて提供していくことが仕事です。

またごくまれにではありますが処方箋の記載に間違いがあることもありますので、その時には担当医の方に連絡をして本当にその内容で間違いがないかという確認をとっていくということも大切な仕事なのです。

言い換えれば薬剤師というのは医師から患者さんに渡すことになる薬品の仲介役ということであり、いかに双方の考えを読み取り最もよい方法を提案できるかというスキルが問われてきます。

薬剤師は医療系資格の一つではありますが、私個人としてはどちらかというと患者さんなど消費者の目線に近い位置づけで、医師など医療機関からの指示指導を間違いなく伝える役割であると思います。

調剤薬局の窓口にはたくさんの患者さんが訪れますし、そこで聞かれる悩みもさまざまです。
そこでコミュニケーションを重視しながら話をよく聞き、気持よく薬を使用してもらえるような薬剤師がこれからの求められる能力ではないでしょうか。


ついにイヤイヤ期が到来しました

子供のイヤイヤ期に上手に付き合っていくために

私は独身時代に「子供を産むならできれば女の子の方がいいな」と思っていました。
ですので妊娠をして検査を受けた時、女の子である可能性が高いと言われたときには本当に嬉しく感じました。
当時は男の子に比べて女の子は同性の分気持ちがわかりやすく、乱暴ではないので育てやすいという思い込みを持っていたからです。

しかし実際に娘を産んでみて、子育てに苦労しなかったといえばとんでもなくむしろ苦労苦労の連続となってしまいました。
最初に考えていた「同性だから考えていることがわかるはず」という私の予想はあっさりとはずれ、現在何をしても否定ばかりの「イヤイヤ期」のまっさかりにいます。

イヤイヤ期というのは、それまで比較的素直に従ってくれていた「御飯食べようね」「幼稚園行こうね」といったことに対して特別に理由もないのに「イヤ!」を繰り返すという状態のことで、しかもうちの娘は生まれつき頑固な性格をしていることから、無理やり従わせようとすると信じられないくらいに凶暴になります。

最初のうちは「これも成長のうち」とばかりに大人の態度でなだめすかしたりご機嫌をとったりしてきましたが、長引くイヤイヤ期と自分自身の生活でのストレスのせいでついつらくあたってしまうこともあります。

そんなときは反省をしつつ、育児書などを頼りにどうしたらイヤイヤ期と上手に付き合っていくことができるかということを研究して過ごすようにしています。

イヤイヤ期は自我の目覚め

そもそもとしてなぜ急にイヤイヤ期が訪れるかというと、それは子供が自分自身の自我が目覚め始めたからなのだと言います。
私も流石に幼少期のことは覚えていませんが、思春期くらいに反抗期から親とケンカをした記憶があります。

親に反抗をするというのは、自分で何かをしたいという気持ちと、その気持をうまく表現できないイライラが原因になっているといいます。

なので何かこちらから言ったときに「イヤ」というのは本当にそれがイヤなわけではなく、反抗することで自分にも意志があるのだということを確認するための行為ということになります。

大人になってもいちいち何をするにしても否定から入る人がいたりしますが、そうした人も本心でイヤだと思っていることばかりでないことを考えると反抗期というのは上手に周囲が対処をしてあげないと大人になっても抜けないクセになってしまうのかもしれません。

子供がイヤイヤ期になったときに大人ができることとしては、「イヤ!」が発動した時に相手の意志を尊重してあげることでしょうか。
洋服でも持ち物でも、本人に選択権を与えてその上で行動してもらうようにすると比較的いうことを聞いてくれるように思います。


過去の仕事が役に立った知識

薬剤師の知識が実生活でも役立つ

薬剤師として資格を取得して仕事をしてきたことで一番良かったと思うのが、自分や自分の家族を含む人たちの薬の疑問の大半を自分で解決できるようになったということです。

もちろん私は医師ではなくあくまでも薬剤師ですので自分で薬の処方箋を書くことはできず、もっぱら市販薬や既に処方済みの医薬品についての知識に限定をされることになります。

しかし私達は普段の生活の中で非常にたくさんの薬に触れる機会があり、口に入れたり肌に塗ったりする瞬間にふと感じる疑問というものが結構たくさんあります。

薬剤師として勤務してきた知識の中でも実生活で特に便利だと感じるのが、薬の使用法や飲み合わせに関するものです。
私達は普段薬を飲むときには水を使いますが、食後にちょうど水を用意することができなかったり、別の飲み物の方が
都合がよいということがあります。

先に結論を言えば一般的な市販薬の場合水以外のもので飲んでも特に問題が生じるということはないのですが、効き目の強い医療用医薬品の場合には一緒に飲む液体によって効果に違いが出てきてしまう場合があります。

嫌がる子供にはジュースで飲ませてもいいか?

子供を相手に薬を飲ませるときに困るのが、苦い薬や飲みにくい大きさをしている薬を子供がなかなか飲みたがらないということです。
薬を嫌がる子供になんとか飲みやすくしてあげようと、好きなジュースなどを使って飲ませる人もいるようですが、実はこれは種類によってはよくない作用を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

まず一番に注意したいのが子供に多い気管支喘息のための薬を飲む場合で、このときコーヒーやコーラのようなカフェインが含まれているものを使用してしまうと作用が強くなりすぎてしまい、神経過敏や不眠、動悸などの症状が出てしまうことがあります。

また子供で好きな人が多いグレープフルーツジュースは薬の効果を妨げやすい成分が含まれているので、血液関連の病気の薬を飲む場合には絶対に使用をしてはいけません。

もう一つ子供の栄養補給として牛乳を毎日飲むという習慣がある人も多いと思いますが、牛乳で薬を飲んでしまうというのも飲み合わせによっては危険です。
牛乳にはカルシウムが多量に含まれてしまっているので、薬を一緒に飲むと成分を変質させてしまい効果を薄めてしまうことがよくあります。

反対に牛乳に含まれている脂肪分が薬の成分と結びつき、非常に強い作用をもたらすということも多くあります。
子供の場合胃腸が弱い子も多いので、水に溶けにくい成分の薬を一緒に飲むと一気に溶け出して血液内に大量に吸収されてしまいます。

最近では薬の成分を阻害しないジュースやゼリーといったものも販売されているので、そうしたものを用いるのが最も安心な方法と言えます。


娘が発熱してしまいました

なぜ子供はすぐに発熱してしまうのか

うちの娘は何かというとすぐに発熱してしまうという病弱な体質をしていました。
現在ではそうしたこともやや落ち着いてくれましたが、一時期はやっと熱が下がったと思ったらすぐにまた発熱と、おちおち家族旅行にも行けないといった状態でした。

ですので私はかなり子供の発熱について調べて、原因や対処方法について詳しくなりました。
まず子供の体温というのは大人よりも平熱が高めであり、だいたい0.5~0.6℃くらい上で普通と言われます。
具体的には大人の体温は平均36~36.5℃くらいなので、子供は37℃くらいまで出ていても問題がないということになります。

また子供というのは体が小さく体温調節の機能が十分に備わっていませんので、外気温によって体温がすぐに左右されてしまいます。
寒い冬の時期にはあっという間に手が冷たくなりますが、夏の時期にもちょっと日向で遊んでいるとすぐに37.5℃くらいまで体温が高まってしまいます。

子供の発熱を防ぐためには実はこの外気温調節がとても大切で、大人と同じと思わず直射日光があたる場所には長くいさせず細かく休憩をとらせるようにするというだけでもかなり熱を防げます。

子供の熱はまずは経過をゆっくり観察する

上記で説明した外気温の影響による発熱の場合を含み、子供が発熱をしたときにはまずは経過をじっくり観察することが大事です。

私の娘も突然発熱をすることが多かった反面で、数時間したらケロリと治ってしまっていたということもよくありました。
重病になるかどうかの基準となるのは、発熱があったときにぐったりとして動きが鈍くなってしまっていないかということです。

また発熱とともに咳や喉の痛みなど体の他の部分に不調が起こっていないかのチェックも重要になってきます。
子供の発熱で怖いのはウイルス性のインフルエンザや、マイコプラズマ肺炎、麻疹といったような感染症です。
子供の感染症は近くに子供がいるとかなり強い感染力となりますし、場合によっては看病をしている大人もかかってしまうことがあります。

幼稚園などに通っていると流感についての情報が早めに出されると思いますので、そうしたその時期ごとに流行っている症状は何かということをおさえておくといざ自分の子供がかかったときに速やかに対応をしていくことができます。

発熱をした時に危険なのは発熱状態が4~5日ほどずっと続いてしまうという場合です。
長く続く発熱の場合、一般的な病状ではなく稀に重篤な病気が隠れているということもよくあります。
私自身も経験したことなのではっきりいえますが、発熱をしたときに「またか」と思わず個別に症状を観察できるかどうかが親として問われるところです。


Next page »